スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バルセロナ研修旅行 その3 -ホテル編-

今回の旅行で使ったホテルは、ランブラ通りに面するアパートメントホテル、Citadines
この『シタディーン』ホテル、世界中にあるチェーンで日本にもあります。
ホテルランクとしては、それなり。。。(-。-;)



うちの会社、基本的にはいつもいいホテルを使うのに、何故に????
(ちなみに去年行ったハンブルクでは5ッ星のデザインホテルでした)





カタルーニャ広場近くに位置していたので、利便性は高かったけど、やはり『それなり』のホテルでした。






アパートメントホテルなので部屋は広かったけど、古臭い。
DSCN3316.jpg




食器や鍋完備のミニキッチン付き(でも使わないし…)
DSCN3317.jpg





バスタブとビデ付きの浴室。
DSCN3318.jpg
いまだにビデって何に使うのかよく分からない(笑)





朝食もかなりショボめで、品数も少なく…。野菜はゼロ(ノ_-。)
DSCN3264.jpg






基本的に寝るために帰るだけだったので、何でもいいと言えば何でもいいんだけど、ホテルも研修旅行の楽しみのひとつなので、テンション下がるわ~。
しかもランブラ通りはいつも観光客でごった返しているので、私は好きじゃないエリア。
自炊して旅費を安く済ませたい学生さんとかにはいいのかも?






私は二度と泊まることはないかな(笑)














スポンサーサイト

バルセロナ研修旅行 その2 -1日目-

本題に入る前に、少し研修旅行の仕組みの説明を。



毎年1回、秋ごろに開催される、3泊4日で海外へ建築を見に行くための旅行で、全日程のプログラムを社員数名が作り、ブックレットになったものが大抵は旅行の前日に配布されます。
基本的には木曜から日曜まで。土日の給料は出ないけれど、木曜&金曜の給料や交通費・食費等の経費は全て会社負担。

うちの会社は基本的には自由時間は設けず、常に全員で行動…。
夕食も毎晩全員で事前に予約したレストランで取ります。昼食はプログラムによっては個人で取ったり、もしくはやはり事前予約で全員で取ったりと様々。



とは言え、夜遅くまで飲み歩いていた人は翌朝起きられずに午前のプログラムをドロップしたり、はたまた疲れたからと自分のペースで動いたりと、まぁ結構フレキシブルでもあります(笑)


今回の旅行に参加したのは、一人のパートナーを除く社員全員で総数22名。
使った航空会社はNorwegianで、バルセロナまでは直行便で3時間半ほどでした。






今回は、飛行機の時間帯の関係で金曜から月曜までの3泊4日。
金曜のフライトは午前10時発だったので、いつも通りの時間に家を出ました。
バルセロナに着いたのは定刻の13時20分。
荷物もすぐに受け取ることが出来、ここまではすごく順調だったのだけど、空港を出るところで早速問題が( ̄Д ̄;;



泊まるホテルはランブラ通り(La Rambla)にあったので、空港から空港バスに乗ればホテル最寄のカタルーニャ広場まで1本で行ける。
というわけで全員分のチケットをパートナー2人が買いに行ったのだけど、この2人、英語がかなり微妙…。
スペイン人もほとんどの人が英語を話さないし、一体どんなコミュニケーションが行われたのかは不明だけど、ナント空港バスではなく普通のバスのチケットを買って戻って来た!
何故!!!??????∑(; ̄□ ̄A





私たちがどれだけ説明しても、『そう言われたから。もうチケット買ったから』と頑として動かないパートナー。
なので、なんと空港から普通バスに乗るハメに。悲惨(´Д`|||)



普通バスなのでスーツケースを置く場所も無いし、22人がスーツケースと共に乗り込んだのでギュウギュウ詰め。
この状態でひたすら各駅停車を繰り返すバスに乗り続け、更に途中で乗り換えもせねばならず、ホテルに着いたのはナント15時半!!!
有り得ないーーー!!!





急いでチェックインを済ませ、荷物を解き、16時に集合して皆で近場のバーで軽く食事をした後は早速散策へ。


まずはホテル近くのサン・ジョセップ市場(Mercat de Sant Josep)へ。
DSCN3225.jpg




バルセロナは4回目だけど、市場をしっかり見たのは今回が初めて。
やたら青果屋が多かったな。
DSCN3227.jpg





もちろん定番の生ハム屋なんかも大量にありました。
DSCN3230.jpg






その後も旧市街にある建築を何件か見て周り、全部を見終わったのが19時頃。
でも夕飯は21時…(-。-;)




というわけで、皆でレイアール広場のバーでビール休憩。
DSCN3252.jpg





その後レストランへ移動したんだけど、レストラン近くにCamperのお店があるのを事前にリサーチしておいたので、閉店間近に靴を購入(o^∇^o)ノ
お店は大抵21時まで開いているので、なんとか買えて本当に良かった~
とりあえず、夫に頼まれていた1足と、自分用に1足、スニーカーを買いました。






一緒に物色する同僚達(^^)
DSCN3254.jpg






夕飯はタパスだったのだけど、コールドミールばかりで激しく微妙…。
なんとか23時半には店を出ることが出来、0時過ぎでの就寝となりました。









その3に続きます。




バルセロナ研修旅行 その1

昨日、無事バルセロナからオスロに戻ってきました!

バルセロナは初めの2日は暖かかったんだけど、日曜から一気に冷え込み風も強く、外にいることが多かった私たちは体の芯まで冷え込みました。

でもオスロに戻ってきたら、こちらは更に上を行っていて早くも雪が積もっている(笑)
一気に冬の到来となりました。




研修旅行自体は、思っていたよりはマシwだったけど、やっぱりすっごい疲れた~。
連日ひたすら歩き回ったので、毎晩脚は痛くてパンパン。
夜用メディキュットを持参して行って本当に良かった(;´▽`A``

また、当たり前だけど3泊4日ひたすらノル語三昧だったので、そちらも疲れたかな。

スペインという土地柄もあり、毎晩の夕食はなんと21時から!
早寝早起きで規則正しい生活を送っている私には、これもキツかったわ。
って、まるで年寄りだけど(笑)

でも、びっしり詰まったプログラムの合間を縫って、欲しかったものは全部買えたし、それなりに楽しめました。







息子の方はと言うと、初めてこんな長期間離れたこともあり、相当寂しかった模様。
毎日夫に電話して様子を聞いたんだけど、いつも寝る時は私が添い寝で寝かしつけることもあり、夫とは寝ようとせず『ママを待つ』と。
ベッドで横になる夫の隣で、毎晩眠さに耐えられなくなるまで座っていたそう。

朝起きた時も、私がいないと分かると号泣し、昨日の朝は保育園でも泣いてしまったそう(U_U)。。。
私も息子が本当に恋しかったし、家に帰って再会した時は本当に本当に嬉しかった!!!



たくさん寂しい思いをさせた分、しばらくはベッタリ過ごそうと思います(*^^*)






また旅行記をUPしていこうとは思っているんだけど、今日は早速今の家の契約!
11月末の引渡しまでに新しい家のリフォームもするつもりだし、この1ヶ月は怒涛の忙しさになりそうです。
というわけで、旅行記は時間のある時にボチボチUPしていきます!









朝から晩まで・・・

ちょっとこれは夫の話になるんだけど、面白かったので(笑)



昨日、オスロ建築大学(AHO=Arkitektur- og designhøgskolen i Oslo)にて、授業のヘルプをしてきた夫。
どうして夫がヘルプをすることになったかという経緯を説明すると、ものすごーーーーく長くなるので割愛しますが、何をしたかというと通訳



4年生の意匠設計の授業で、今期は日本で活躍する建築家の五十嵐淳氏を講師に招いているんだけど、なんと五十嵐氏が英語が全くダメだそうで。
で、昨日は五十嵐氏によるエスキス(学生が設計した図面やスケッチを元に、先生と一緒にディスカッションすること)で、そこの通訳として駆り出されたの。





エスキスは朝の9時から始まって、終わったのがナント深夜1時過ぎ!!w( ̄▽ ̄;)w
その間、休憩は昼食の30分と夕食の30分程度で、それ以外はひたすらエスキス&通訳!



一昨日にオスロに来たばかりの五十嵐さんも大変だったろうけど、夫の大変さはその何倍だったことか(笑)

学生の説明を聞いて、そのまま通訳すればそれでいいって訳でもなく、夫自身もその設計をある程度理解しないと五十嵐氏に説明しようが無いので、まずは必死に学生の意図を聞き取り、それを日本語にして、それに対する五十嵐氏のコメントを今度は英語に(大学の授業は一人でも留学生がいれば英語になる)する、と頭を休める暇が無い(笑)


しかも、自分が学生だった頃を振り返るとよく分かるけど、学生自体、煮詰まってて自分が何をしたいのか、何を言いたいのか分からないままエスキスに来る子とかもいるし、それを通訳ってのは本当に大変だと思う・・・。
しかもそれが25人分!



私が学生の時も、エスキスは毎回夜遅くまでかかったけど、学生50人に対し先生が3人いたので、通訳しながら一人で25人はすごいボリュームだということが良く分かる。。。



五十嵐氏は学生が英語で夫に説明している間は、ボーっと出来るwけど、夫は一瞬たりとも気を抜けなかったわけで、昨日は家に帰ってベッドに入ってからも頭が働き続けてなかなか寝れなかったそう(笑)
可哀相に&お疲れ様~(^_^;)



給料については後日交渉する!!って言ってたけど、大学だしお小遣い程度しかもらえなさそうよね~
でも本人は『すごくいい経験だった』と言っていたので、まぁいいのかな(^▽^;)












さてさて、家のことも一旦落ち着いたところで、明日から私は研修旅行でバルセロナへ行ってきます。
3泊4日も息子と離れるのは初めてなのでちょっと心配だけど、リフレッシュしてきまーす(o^∇^o)ノ












Kolonihagen

内覧会のための片付けも大分終わり、今週末は時間があったので、昨日のランチはレストランへ(*^^*)


行ったのは、私のオフィスがあるフログネル地区にある『Kolonihagen』
ここ、オーガニック食材のみを使うフレンチレストランで、とっても人気。
私たちもこれまでランチでもディナーでも利用したことがあり、いつも美味しい料理に大満足のお気に入りレストランです。




日曜のランチのみ、Søndagsbuffet(日曜のビュッフェ)をやっていて、前から気になっていたので予約して行ってきました。









レストランまでは家からバスで一本。
入り口はちょっと分かりにくいところにあるんだけど、こんな外観です。
DSCN3164.jpg







店内に入ってすぐのところ。すっごく雰囲気がいいの~。
DSCN3169.jpg








日曜日のビュッフェは要予約で、一人295kr。
私たちは開店一番の11時に行ったんだけど、11時はノルウェーでは早い時間帯なのか、他にお客さんはいなかった(^▽^;)




というわけで、まだ手がつけられていないお料理の写真を撮ることが出来ました(o^∇^o)ノ






ここはサラダコーナー。この後、まだ数品出てきました。
どこで手に入れているのか教えて欲しいほどの良質な材料ばかりを使っているので、サラダひとつ取っても本当に美味しい!!
DSCN3173.jpg






充実のホットミールコーナー。こちらも後でさらに数品出てきました。
こちらもどれも本当に美味しかった!!
DSCN3174.jpg







自家製のパンとバターとジャム。ここのバター、激ウマです。
DSCN3179.jpg






デザートコーナー。
レモンカードがたっぷり乗ったパイと、ヴァローナのチョコレートケーキ。
写真には写っていないけど、焼メレンゲもありました。どれもウマウマ(*´∇`*)
DSCN3175.jpg







お皿2枚にたっぷり取ってきちゃった(^^)
もちろんオカワリもして、もうお腹パーンパン!!
DSCN3181.jpg










ちなみにこんな店内。とってもコージー(*^^*)
DSCN3187.jpg

こんなに良質で美味しい料理を好きなだけ食べられてこの価格は本当にお値打ち!!
超~お勧めレストランです!!






私たちが帰る少し前、12時ぐらいに一気にたくさんの人がやってきたので、早めの時間帯を予約するのがおススメです。
とっても素敵なランチでした(^ー^* )


















上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。