スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シンガポール旅行2 子連れ飛行機(往路)編

今回の旅行で利用したのは、毎度帰国の際にもお世話になっているフィンエアー
ヨーロッパからアジアへ行く際には最短距離・時間で行けるので、重宝しています。

シンガポールへは、ヘルシンキで乗り継ぎます。
オスロ19時10分発と遅い便だったので、夕飯はお弁当を作って行きました。
稲荷寿司と巻き鶏です。
IMG_3763.jpg




オスロ空港を利用したのは、9月の研修旅行以来でしたが、その間に色々改装したようで、新しいお店がたくさん出来ていました。
回転寿司まで出現↓
IMG_3765.jpg



まずはヘルシンキまでこの飛行機で行きます。
IMG_3767.jpg




さて、現在2歳半の息子。
前回、飛行機に乗ったのは夏の帰国時で、その時はまだ2歳になっておらず座席は取りませんでした。
今回が2歳になってから初めての飛行機になります。

2歳未満は、離着陸の際は親のシートベルトに装着する子供用のベルトを使い、ベルト着用サインが消えるまでは親の膝に抱いているのですが、2歳になるとこのベルトは使えず、自分の座席に座って大人と同じベルトを着用しなければなりません。

ベルト着用サインが消えるまでに20-30分かかるので、一人で大人しく座っていられるか心配でしたが、とりあえず離陸時は外の景色を見たり、置いてある雑誌を見せたりして何とかなりました。
耳抜きにはレーズンと水を与え、特に耳を痛がることはありませんでした。

ヘルシンキまでは1時間20分と短いので、前から持っていた玩具で遊んだりしていたら、あっという間に到着。
着陸時に、眠いこともあり、『ママのところに座る!』と少し愚図ったものの、リンゴを与えて乗り切りました(笑)


ヘルシンキに着き、次の便までは2時間程あったので、ベビーカーで寝かせることに。
(ベビーカーは飛行機の中に乗せることが出来たので、ヘルシンキに着いたらすぐに受け取ることが出来ました。)

比較的すぐに眠りについたので、このまま次の飛行機に乗せる際も、なんとかうまく抱っこして寝たままの状態を保てないか、などと考えたものの、敢え無く失敗(涙)
が、意外に機嫌は悪くなく、ちゃんと自分の席に着席。
離陸時も、新しいアンパンマンの絵本を渡したらゴキゲンで見ていて大成功。



が、ここからが悲惨なことに・・・。



飛行機が飛んだのは、ノルウェー時間の23時と、普段ならとっくに寝ている時間なので、すぐまた眠りにつくかと思いきや、一向に寝る気配の無い息子。

飛行機は空いていて、4列席を3人で使えたので、3人分の座席を使って添い寝をしてみたり、色々試すものの、全然寝ない・・・
かと言って、泣いたり愚図ったりするわけでもなく、すごくいい子にしてるんだけど、ただ寝ないの。
深夜便でも、水平飛行になると普通に食事が出されるので、機内が暗くないのも原因の模様。

食後、私のほうも限界で、何度も意識が飛びそうになりながら夫と頑張るも、私が先に撃沈zzz
気がついた時には、息子はまだ起きていて夫は放心状態。

息子も、眠いんだけど、どうやって寝たらいいか分からない様子で、ひたすらモゾモゾ動く動く。
結局、床に座って上半身を椅子に乗せた姿勢で、ノルウェー時間の3時にやっと就寝。

座席2つを使って息子を横にして、私達も寝たところで『ドスン!』と音がして、息子まさかの落下( ̄□ ̄;)
が、起きず(笑)
怖いので、私が抱っこしたまま全員就寝。


が、なんと3時間半で起きてしまったーΣ( ̄ロ ̄lll)
そのまま着陸までの約4時間半はひたすら息子の相手。。。
まだ機内は暗いので、周りの迷惑にならないかドキドキしたけど、アンパンマンの絵本と、機内のビデオ(トムとジェリー)を喜んで見ていたので大丈夫でした。
IMG_3769.jpg





あ、フィンエアーに乗ったことがある人なら分かると思うけど、相変わらず機内食は全然美味しくなかった・・・
写真も小さくして載せときます(笑)
IMG_3770.jpg IMG_3766.jpg



というわけで、全員寝不足のまま、シンガポールに現地時間16時半に到着~
入国カードに『Death for drug traffickers under Singapore law』なんて書かれていて、必要ないのにドキドキしちゃったわ。
入国する人に対して、最初に伝える情報がソレってどうなの!?と突っ込みたくもなったけど…。


何はともあれ、長旅お疲れ様でした。

機内で寝れなかったのは本当に悲惨だったけど、息子はとてもいい子にしていてくれて驚きました。
前はいつも動きたがって、何度も通路を行ったり来たりしていたんだけど、今回はトイレ以外は席を立つこともなく、成長したんだな~としみじみ。


教訓:子連れ飛行機は大変ですが、場数を踏めば親も子も慣れます!(笑)




スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめteみた.【シンガポール旅行2 子連れ飛行機(往路)編】

今回の旅行で利用したのは、毎度帰国の際にもお世話になっているフィンエアー。ヨーロッパからアジアへ行く際には最短距離・時間で行けるので、重宝しています。シンガポールへは、...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。