スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

救急病院

昨日、仕事でプロジェクトの図面提出があったので、先週は結構忙しかったのですが、無事に終わり気も抜けたのか、微妙に体調崩し中。。。(>_<)
引越しの疲れも出たのかなぁ。
今週末には一時帰国なので、早く復活せねば!




が、タイトル通り、昨日はLegevakt(救急病院)のお世話になりました(^^;;
私ではなく、息子の話。




食事の時は、落ち着きが無く椅子の上でモゾモゾ動いてることが多い息子。
日曜の夕飯後に、椅子から落下-_-b

最近は転ぶ時も必ず手が先に出るので、頭を強打することは減ったのだけど、今回は幸か不幸か右手から床に着地。
一瞬、全体重を右手のみで支える形になったので、腕を痛めたようで、今までに聞いたことが無い泣き方で泣き始めた。
これはマズイ!と直感的に思ったけど、その後落ち着いてからは若干右腕を庇うようにしながらも、普通にクレヨンで絵を書いたりしていたので、様子を見ることに。



でも、翌朝服を着せる際に、右腕を通す時に『痛い、痛い』とまた泣き始めたので医者に連れて行くことを決め、Fastlege(かかりつけ医)に電話したところ、レントゲン設備もあるLegevaktに行くことを勧められたので、仕事の後に連れて行きました。



怪我になるので、先日オープンしたうちの会社設計のLegevakt Akerではなく、中心にあるLegevaktです。



土曜に大雪が降った後、気温が上がり0度を超え、今度は雨が降ったので、至る所が滑りやすくとても危険な状態だったため、転倒する人も多く、Legevaktの外科には人がたくさん。
相当の待ち時間を覚悟したけど、意外に早く20分程で診てもらえました。





触診で、右腕が少し腫れているとのこと。
もしかしたら、小さな骨折やヒビが入っているかもしれないとのことで、レントゲンも撮りました。



日本じゃ当たり前だけど、ノルウェーでここまでトントン拍子に病院で診てもらえることって滅多に無いので、ちょっと感動(笑)




結果、骨には異常が無く、すぐに痛みも無くなるでしょう、とのことで安心して帰宅しました。
合計1時間半未満の滞在だったかな。早く済んで本当に良かった!


息子も、診察もレントゲンもとてもいい子で受けることが出来ました(^^)








これまでにも、息子だったり自分だったりで何度かLegevaktのお世話になってるけど、過去最高にいい対応でした。
毎回こんなだったら、ストレスも減っていいのにな~。
もちろん、お世話にならないのが一番だけど。



ほんと、健康第一ですね~









スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。