スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

中耳炎

体質なのか、これまでに何度も中耳炎にかかっている息子。

強い痛みと急な発熱を伴う、急性中耳炎は1度きりで、それ以外はすべて鼓膜の奥に水が溜まる浸出性中耳炎
痛みも無く気付きにくく、放置すると難聴の原因にもなるらしく、厄介。


かといって、これといった治療法も無く自然治癒を待つのみなので、今まで気付いて医者に連れて行った以上に恐らくかかっているハズ。10回以上はなったんじゃなかろうか。。。




鼻水が出ると中耳炎になるので、家庭用電動鼻水吸引機まで持っているのだけど、なかなか防げません。
ちなみにコチラのパワースマイルを愛用中。



マニュアルの鼻吸器とは全然違って、かなり良いです。
電源が海外対応なのもポイント高し。









で、半年前ぐらいに、やたら息子が聞き直す時期があって。
話してる途中で『ん〜??』と言ったり、『今なんて言った〜?』と聞いたり。
ただ、こちらの言っていることの要点が掴めていない時もそうやって聞いている様だったので、聞こえていないのか理解出来ていないだけなのかの違いがイマイチ分からず、でも怪しいなぁと。


日本の3歳児健診では聴力検査があるので、その問診票を親に送ってもらい、家庭での聴力テストをやってみたところ、これが酷い結果に(*_*)



特に言葉の発達に遅れなどもないけど(むしろ早い方)、心配になってfastlegeに推薦状を出してもらい、専門医(耳鼻科)に連れて行くことにしました。
急ぐことでもないかと普通のプロセスで予約したら、えらい時間がかかって、やっと昨日診てもらえた(^_^;)





最近は聞き直すことも無いし、気にしすぎだったのかもと思っていたけど、やはり水が溜まっているとのこと。
夫がちゃんと聞いて来ないものだから、片耳なのか両耳なのか不明だけど、何も言われてないから両耳じゃない?って(・・;)



医者に、『どうせ無理だろうけど』と何回も言われながら聴力検査もしたらしいけど、やはり無理だった模様(笑)
個室に息子1人ヘッドフォンを付けて座って、音がなったらボタンを押すように言い聞かせ、最初の2回は成功したけど、その後はボタンを押せば音がなると思ったのか、ボタン押しまくりだったそうなσ(^_^;)
やはり3歳児には厳しいか。。。(笑)




夏は風邪も引きにくく、耳にはいい環境を保てる時期なので、8月初旬にもう一度診て、改善が見られないようなら鼓膜に穴を開けてチューブを入れる処置をすることになりました。。
一緒に鼻の奥のアデノイドも小さくした方がいいかも、とのこと。


日本では、6歳以下の子供には全身麻酔で行なうらしいんだけど、ノルウェーはどうなんだろう。
全身麻酔とか心配だけど、アデノイドも切除となると、どう考えても全身麻酔だよね。


あと1ヶ月で良くなりますように!!(>_<)














スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。