スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シンガポール旅行15 子連れ飛行機(復路)編

夜遅い便なのでカウンターが開いていなかったらどうしよう…と思ったけど、常時OPENのようで、空港に着いたらそのまますぐにチェックイン出来ました( ̄▽ ̄)V

荷物を預け身軽になったので、まずは1日の汚れを落とすべく、シャワーを利用しに『Rainforest lounge』へ。
これはターミナル1の中にあります。その他のターミナルでもそれぞれ有料のラウンジでシャワーがあるみたい。

シャワー利用のみで一人8$。タオルと飲み物が付いています。子供は無料でタオルがもらえました。
こんな風に個室が並んでいて、中にシャンプーとボディソープのディスペンサーが付いています。
IMG_4073.jpg IMG_4074.jpg

シャワー中の夫を覗こうと必死の息子w
IMG_4075.jpg

固定シャワーで水圧も弱く使い辛かったけど、蒸し暑いシンガポールで1日動きたくさん汗もかいたので、飛行機に乗る前にスッキリできて良かったです(^_^)


シャワーが終わった時点で20時半頃。
息子は普段はとっくに寝ている時間なので、ベビーカーで寝かしつけ開始するも、全く寝ず。
こちらも疲れているので、『もういいよ、好きにして…』と放置してみたところ、なんと飛行機に乗るまでずっと起きてた!!

空港のお店や免税店は、まぁ普通のラインナップかな。
疲れていたので、あまり見ていません…。




そうそう、この空港ちょっと変わっていて、セキュリティチェックは各ゲートで行うの。
なので空港でボトルウォーターを買って機内に持ち込むことが出来ずちょっと不便。
なんでなんだろ?


今回の飛行機は満席で、4列席を選んだけど私達の隣にも人がいて3席しか使えず。
でもなぜか、2歳を過ぎていると言っても子供用のベルトがもらえたので、離陸時は私の膝に抱っこしたら、ずっと起きていた息子は即効で爆睡ヽ(´∀`●)ノ
水平飛行になったら座席に横にして寝かせ(脚は私の膝の上)、私と夫も爆睡(--)zzZZ

途中、食事が配られたりもしたけど、息子はひたすら寝続けて、なんと9時間も寝てくれたのです!!
おかげで私と夫もこの旅で一番しっかり眠ることが出来ました。
一度も乱気流に入ることがなく、眠りを妨げられることが無かったのも良かったです。

起きてからは、やはりずっと自分の席でゴキゲンで遊び。
本当に信じられないぐらいいい子でした~!感謝!

相変わらず不味かった機内食はコチラ↓
IMG_4078.jpg IMG_4079.jpg




が、このまますんなり終わらないのが飛行機の旅。

ヘルシンキでの乗り継ぎ時間が1時間しかなく、空港に到着した時間が既に次の飛行機の搭乗時間。
この空港、セキュリティチェックやパスポートコントロールが厳しいので、これに時間がかかるかかる。
おまけに、着いたゲートと乗るゲートが正反対の場所で、運よく子供を乗せられるカートを発見したので、それに息子を乗せて走るも、走れど走れど一向につかず。

見てこの空港図。
34ゲートに着いて、13ゲートまで走ったの!!
map.jpg



疲れてたまに歩くと、息子に『ママ、飛行機行っちゃうから走って!走ってママ!!』と急かされるし(汗)、本当に悲惨だったー( TДT)
(夫は後から荷物をかついでヒィコラやってきました)
なんとかゲートに辿り着いたのは、離陸の10分前!
夫と二人で汗だく&フラフラになりながら、無事乗り込むことが出来たけど、なんでこんな目に遭わなきゃいけないような時間設定にするかなぁ(怒)。
これだから飛行機は嫌なのよ。もう!


そんなこんなで、次のフライトも終了し、無事オスロに到着となりました。
初めは電車で帰るつもりだったけど、乗り継ぎですっごい疲れたし荷物も多いしでタクシーで帰宅。
家までは約30分で690kr=1万円
シンガポールとの物価差を早速実感しながら帰宅と相成りました(; ̄ー ̄A



最後、番外編へ続きます。




スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。