スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

SALE!

今、いろんなお店で子供服のセールをしています。
一昨日は時間が無くて子供服は見れず、どうしても気になったので昨日また中心まで買物に行って来ました。


まずは、お目当てのPOLARN O. PYRETへ。
スウェーデンのブランドだけど、こちらでは『制服か!?』ってぐらい、多くの子供がここの服を着ています。
綿の服はそんなに質も良くないのであまり買わないけど、冬物は良質なので、よく利用します。
ここが、なんと全品30%OFF!

ほんと、こっちのセールは気前がいいから好き♡



長男と次男は、誕生日が2週間程しか違わないので、基本的に次男の服は全て長男のお古で賄えるはず。。。なんだけど、それが違うんだなー(笑)

前の家はとても暖かかったので、長男には家の中では日本の短肌着&コンビ肌着を着せていたし、吐き戻しが酷くベビーカーも嫌いな子だったので、冬場は外出はほとんどせず、散歩も抱っこで行っていたので、赤ちゃん時代の冬服があまり無いのー(涙)

今の家は前の家に比べると寒いので、次男は家でもウールの下着を着せているし、今回は結構色んな場所に連れ回しているので、ちゃんとした防寒服が必要。


というわけで、色々買って来ました。
まずは、ウールのカバーオールとズボン、それに靴下。
DSCN5455.jpg




そして一番欲しかった、防風仕様のフリースのボディスーツ。
DSCN5450.jpg



後は、ウールでも防寒着でもないけど、デニムの切り替えがすごく可愛かったのでパーカーを。
春頃にたくさん活躍してくれそう(^^)
DSCN5451.jpg

冬物は高いので、30%OFFは大きい!
いい買い物が出来て良かった~(^o^)




そして、Cubusにてベビー服が全品25%OFFだったので、ウールの下着と、可愛いサイズのフリースのジャケットを売っていたので、そちらをゲット。
DSCN5447.jpg
長男が保育園に入ってから、色んなブランドのウールの下着を試したけど、ここのが一番気に入っています。
ボタンの開閉の固さが丁度いいのと、普通の洗剤で洗っても縮まないのがポイント。
セールの時にまとめ買いするようにしています(-_^)





真冬の服装は、何歳でも子供は3レイヤーがこちらの基本。
ウールの下着の上に、ウールかフリースの上下を着て、最後に防風防水の全身スーツを着ます。

次男の様に、まだ歩いていない赤ちゃんの場合は、私が買った様な防風の全身スーツがあれば、チャイルドシートにも抱っこ紐にもOKだし、ベビーカーならフットマフやスリーピングバッグの中に寝かせれば大丈夫。



これで安心して冬を迎えられるわ~(*^^*)




なんて言ってる場合じゃないぐらいに、昨日から一気に冷え込んだ!
今日なんて、午前の散歩の時の気温、−5℃!

こっちでは、−10℃までなら外遊び&外での昼寝はOKと言われているけど、赤ちゃんには−5℃でも良くないと言っている専門家もいる。
普通に考えたら氷点下はアウトでしょ、と思うんだけど、外気温を確認せずに普通に散歩に出てしまった(^_^;)
そして、いつもは寝るのに今日はずっと大号泣だったけど、やっぱり寒かったかな。。(^^;;



今年は天気が良くて、まだ雪が積もっていないのは有難いけど、霜で辺りは真っ白!
路面も凍結しています。







早く日本に帰りたいよ~







スポンサーサイト

コメント

No title

こんばんは!
今日は寒かったですね。外に出るのが辛い季節になってきました。

冬服は特に、安くないものも多いですし、オススメの商品など教えてもらえると参考になります!
ウールの下着なのに、普通の洗剤で洗っても縮まないのは嬉しいですね。
大人用も売ってるのかな?

マイナス10度の外での昼寝がOKって日本では考えられないですよね。
でもこうやって皮膚が鍛えられていくのかも知れませんね。

Re: No title

★ayatingさん

Cubusでは大人用のウールの下着も売ってますよ!
ただ、私も夫もヒートテック愛用者wなので、使用感は不明ですが。。。(^^;)

ノルウェーの建物は、気密性が高く室内の空気が悪いため、子供には新鮮な外気を、ということで外での昼寝推奨の様です。
氷点下でも呼吸器官が鍛えられるから良しとしている様ですが、実際のところどうなんでしょうね〜
1歳過ぎならともかく、0歳児に氷点下は厳しすぎるかなーと個人的には思います。。。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。