スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Gol hyttetur 復路編

やめようかと思ったけど、一応復路編もw
こちらまたしても『車』カテ。



最終日は、朝食を食べて片付けをしたら、これまた早々に出発!
とりあえずはガソリン車だし、次男もきっと快適に寝てくれるハズ。と思いきや、超ーー号泣(^▽^;)

どうやらガソリン車か電気自動車かは関係なかった模様。
とにかく車が嫌なのね。ごめんよー(。-人-。)


あまりにも泣くので可哀想で、途中お昼休憩の時に抱っこで1時間程寝かせ、再出発。
はい、もちろん再び号泣(;´Д`A

もうどうしようもないので、とにかく早く帰ろうと一気に運転したけど、結局1時間泣き続けた。。。
そして不本意ながら疲れ果てて寝た。。。
可哀想すぎる(ノ_-。)





HønefossでのLEAFへの乗り換えはものすごくスムーズに済み、充電も100%完了していたので安心して出発。
ここから家までは、途中充電することなく帰ることが出来ました。
家に着いた時の充電残量は20%ぐらいだったかな。

この時も、次男は家に着くまで号泣でした。。(--,)
でも、あまりにもずっと泣いていると、もう慣れて来て可哀想とも思わず、まるでBGMかの様に思えて来た。
これも人間のある種の防衛本能なんだろうか。


本当は、長男のチャイルドシートをエアバック解除して助手席に付けて、私が次男の隣で後部座席に座りたかったのに、何をどうしても助手席に付けることが出来ず。
安全対策なのかなぁ。


次男が泣き叫んでても平気で寝られる長男が羨ましかったw





とまぁ、次男には可哀想だったけど、帰りは比較的スムーズに行きました。
最初からHønefossでレンタカーに乗り換える前提で行くのはアリかも。
オスロでレンタカーを借りると、まず中心まで車をピックアップしに行き、帰りも家に着いてから返しに行かなければならないけど、その手間が省けるので。






が、ここですごいオチがw


2週間前ぐらいかな、夫が車を洗いに行った際にスリップして、こんな状態↓になりNAF(JAFのノルウェー版)のお世話になったことがあり。
1794790_10152223155635309_124798873_n.jpg
崖状態になっているところで、ギリギリのところで落ちずにストップしています。
右側の前輪は宙ぶらりん( ̄□ ̄;)



落ちた訳ではないけど、車の下側に何かダメージがあるかもしれない。
けれど、NAFの人もまず大丈夫だろう、と言ったし、、と、点検に出さないまま別荘へ。

行く前にディーラーにメールしたら、一度確認したいとのこと。
昨日ディーラーに出したところ、下側のところに穴が開いていて、放っておくとそこから錆びて使えなくなる、とのことで修理に出す事になりました。
修理代18,000krのところ、保険がきいて自己負担は4,000kr。



修理には5-6日かかるとのことで、代車が貸してもらえたの!
もちろんガソリン車。

別荘の前に修理に出しておけば、この代車で家から別荘まで行けたのに。。。
レンタカー代だってかからなかったのに。。。



という、素晴らしいオチ(笑)



私は別荘の前に点検に出してって言ったんだけどね!
と悔しいのでここで愚痴ってみるw






以上、失敗に終わったLEAFでの長距離旅行レポでしたw









スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。