スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

環状交差点

最近、日本でもいくつかの都市で導入された環状交差点(ラウンドアバウト)。
images.jpg

こちらでは極めて一般的で、私の家から会社まででも半分ぐらい?もっと?が環状交差点。

慣れるまでは、『なんなんだ、このクルクルは!?』とビックリしたし、実際運転し始める時も、これが一番のハードルだったけど、慣れてしまえばこんなにも素晴らしいものは無い、と思う。


日本で言われていることは、電子機器がないためメンテナンスの必要が無いということと、
災害で停電しても混乱が少なくなる、ということがメイン。


日本では信号が故障するなんてことは滅多にないと思うけど、こちらでは信号が壊れているなんてことはしょっ中ある。。
大通りの信号ですら平気でw故障するから、恐ろしい。
だから、環状交差点が多いんじゃないか!?と思えてくるほど(笑)


信号が故障したって、すぐに修理される訳でもないし、交通整理の警察官が出てくるなんてことももちろん無し!
歩行者優先なのはもちろんだけど、こちらでは優先道路以外では右側から出てくる車が優先というルールがあるので、それに従って、あまり混乱せずに交通は流れているw
でも、それもこの環状交差点システムに慣れているから、ってのも大きいんじゃないかと。
信号に依存していると、どうしていいか分からずパニくりそう。
(でも、この右側優先システムも今だあまり慣れないので、停止線書いてくれよー、とは思う)



上記以外で、運転する立場として、環状交差点の一番の利点は、無駄な信号待ちの時間が無くなるということ!
環状交差点では、その名の通りクルクル車が回り続けるので、不必要に信号待ちをすることが無く、とてもスムーズに交通が流れてく。

それに対して、日本では信号の多いこと!
交通が少ない時間帯に移動しても、信号のせいでやたら時間がかかる。
これには本当ーにイライラする!






唯一気をつけないといけないのが、こちらでたまにある、環状交差点の真ん中をトラムが突っ切るタイプ(google earthより)。
ちなみにここ↓、毎日走ってまーすw
rundkjøring

一定方向でしか回らないはずの環状交差点なのに、逆向きからトラムが突っ込んでくるから、大事故になることも。
実際、前にトラムとクラッシュしている車を見かけてゾッとしたわ。。。



ま、日本には路面電車が走っている都市は少ないから、あんま関係無いよね。
日本で導入された環状交差点、早速逆走する車がいたりして不満も出ているみたいだけど、もっと普及するといいな~











スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。