スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Nødpass  緊急パスポート

シンガポール旅行は水曜の夜からですが、早くも土曜に準備を始めた夫。
パスポートまで引っ張り出してきたので、『おいおい、さすがにそれは早すぎでしょ』なんて思いつつも、つられて準備を始めた私。

そして、ふと息子のパスポートを手に取って、これまたふと開いてみたところ、な、なんと
有効期限が切れてるではありませんか!!(◎_◎;)

息子は日本とノルウェーの二重国籍なので、パスポートも両方持っていて、今回期限が切れたのはノルウェーのパスポート。
日本の子供用のパスポートは期限が5年なのに対し、ノルウェーのは2年なのよね。。うっかりしてた…



とは言え、日本のパスポートがあるので、一応旅行は出来るはず。


でも、シェンゲンを出る際に、真っ白な日本のパスポートを見せたら、『一体、この子はいつ、どうやってシェンゲン内に入ったの!?』と何か問題にならないかな…

とか、

ノルウェーに戻る際には、シェンゲンに入る時にパスポートにスタンプが押され、旅行者として滞在することになるので、3ヶ月過ぎたら不法滞在になっちゃうの!?でも調べたらすぐに分かるよな…

とか、色々疑問だらけで、夫と二人でアワアワ(´Д` )


とりあえず、パスポートを管轄している警察に電話で問い合わせるも、『よく分からないので空港に聞いて』と言われ、空港に問い合わせた結果、『基本的には問題はないけど、シェンゲンに出入りする際のパスポートコントロールで、事実関係の確認に時間がかかり、乗り継ぎ便に間に合わなくなったりする可能性はある。円滑に旅行がしたいのなら、緊急パスポートを取った方がいい』とのこと。


この緊急パスポート、夫も存在は知っていたんだけど、日本のパスポートがあるし必要ないでしょ~と思って問い合わせたら、この返答だったので、やはり取りに行くことに。


ちなみに、緊急パスポートとは、文字通り、即時発行されるパスポートのことで、最悪の場合は空港でも発行可能!
旅行前の24時間以内に必要な場合は、街の中心にある24時間営業のオフィスで発行してもらえるんだけど、私達の様に、まだ日にちに余裕がある場合は、通常のパスポート申請と同じ中央警察で発行可能とのこと。
(ちなみに、通常のパスポートの発行にかかる時間は1週間程度で、出来あがったパスポートは普通郵便!で送られてきます。大事な書類なのにビックリ!)

費用は通常のパスポートと同額(子供の場合は270kr)だけど、緊急パスポートは1度の旅行のみで使用可能。
旅行から戻ったら速やかに返却し、必要であれば再度通常のパスポートを申請することになります。



というわけで、早速今日、保育園の前に申請をしに中央警察に行ってきました。
保育園の近くにあるので、丁度良かったです(^^)

窓口が開くのは8時からですが、約30分前に到着。
でも既に何人か来ていて、番号札↓を取ったところ、私達は5番目でした。
politi1


中に入りたくて覗く息子w
politi2






窓口が開く頃には、2-30人ほどが来ていたので、早く行って本当に良かったです。
おかげで、ほとんど待つことも無くすぐに窓口へ。
politi6


以前は、パスポート用の写真は持参しなくて良く、上の写真の右側にある機械でその場で撮影してくれたのですが、つい最近ルールが変わったらしく、写真は持参しなければいけないとのこと。

なので、急遽、日本でもよくある撮影ボックスで写真を撮ることに。


が、息子2歳5カ月。まー、動く動く( ̄◇ ̄;)


思いっきり枠からはみ出したり、口が開いちゃったり、ブレまくったりで、撮り直すこと10回以上…
やっと、なんとかギリギリOKかな、と思える写真が撮れたので、それを持って窓口へ。

日本はパスポート写真の規格が厳しくて、本当に大変でしたが、こちらは子供の場合は寛容なので、その写真で大丈夫でした。良かった…




しかも、窓口のお兄さんが、通常パスポートを早く発行できるように頑張ってみてくれるとのこと!
水曜の午前に取りに行き、もし通常パスポートが間に合わず、出来あがっていなかったら、その場で緊急パスポートを発行してくれる、ということになり、帰ってきました(あ、息子は保育園へ)。

役所関係の手続きは非常に時間がかかるノルウェーなので、ちょと感動(笑)
無事、通常パスポートが出来るといいな~



こんなことがあったので、日本でも緊急パスポートがあるのかと調べてみたところ、
日本では国益に関わるような場合(賞の受賞とか研究発表とか?)や、海外で身内に不幸やアクシデントが起きたといった、人道的な理由がある場合は、緊急でパスポートが発行されるようですが、私達の様に、うっかり有効期限が切れてたー!なんて時には諦めるしかないようです…。

厳しいのね、ジャパン。


それに対し、空港でもパスポートが発行できてしまうノルウェー。
これも国民性の違い故!?







スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。